カゴバッグを手づくりしましょう。萩原照代さんの体験教室

Photo

一閑張り作家 萩原照代さんによる柿渋のカゴバッグ作りのワークショップです。

一閑張りは古くから伝わる技法で、

竹や木の骨組みに和紙を何度も張り重ね

柿渋や漆で仕上げる日本の伝統工芸品です。


現在でも高級料亭などで器として使われていて

和風の高価な物というイメージですが、

萩原照代さんは従来の和風の作品のみならず、

洋服や現代の生活にも合う、お洒落な一閑張りを提唱されています。



参加費は材料費込で¥16,200

1回目 下張り制作   9月22日(木)・9月24日(土) いずれかをお選びください。

2回目 上張り仕上げ  9月30日(金)・10月1日(土)・10月2日(日)

(1回目、2回目両方の回に参加できる方)

事前に創の葉にお申込みください。



今回の講座では一回4人という少人数制で、しかも

創の葉の自家焙煎コーヒーを味わいながらというゆったり構成になっています。

楽しんでお洒落バッグ作りにご参加くださいね。

ギャラリー創の葉

℡:054-628-9527

mail:sou.no.ha@gmail.com

| | トラックバック (0)

秋の装いと体験教室

9月は染の創作服と柿渋のカゴバッグ展を開催致します。

Photo_3

天然素材の白生地を染めて、

その布地からオリジナルの服を作り上げる

染の創作服の白男川和子さんと、

現代生活に溶け込む新感覚な柿渋のカゴバッグの

一閑張り作家萩原照代さんの

秋の装いを愉しむ2人展です。


今回、創の葉初の試みとして

萩原照代さんによる体験教室を開きます。

Dsc005152_1


2回の講習で、このお洒落なバッグを作ります。

少人数制ですので、初めての方でも安心してご参加いただけます。

コーヒーを味わいながらゆったりと初秋の1日をお楽しみください。

材料費こみ、コーヒー付き¥16.200です。

事前にお申込みください。




体験教室のご予約、お申込み、お問合せは

ギャラリー創の葉

℡:054-628-9527

mail:sou.no.ha@gmail.com

🏣425-0074

焼津市柳新屋1013-2


| | トラックバック (0)

5月は「Tシャツ展」



5月は夏のお出かけの定番、Tシャツの特集です。昨年ご好評を頂いたパッチワークや手描き染めに加え、今年は染から縫製までこなす創作服の久木田伸子さんのTシャツもご紹介いたします。

T


作家による手仕事の一点物のTシャツは

着やすく、しかもラフにならず

暑い季節のお出掛けには最適ですね。



今回はオールドリバティプリントのパッチワークの山田美也子さん

花や風景の手描き染めでお馴染みの森口茂子さん

そして布を染色して、そこから服を作る

創作服の久木田伸子さん。

三者三様の個性とオリジナリティ溢れる

お洒落なTシャツを

どうぞお楽しみください。



「初夏のTシャツコレクション」

2016 5月12日(木)~22日(日)

a.m.10:00~p.m.6:00

会期中無休

| | トラックバック (0)

真珠のアクセサリー展

お天気にも恵まれ今年も真珠のアクセサリー展が始まりました。




Img_0486



Img_0485


Img_0488


Img_0487

Img_0489_2




初日は開店時間を早めてオープン、

早々とお越しのお客様をお迎えしました。

今年は早くから暖かかったので

ギャラリー入口の沈丁花が既に満開

会期中持つか心配です。

その代わりという訳ではありませんが

今回京都在住の布染の花作家

横山眞由美さんの作品が会場内を飾っています。

季節に合わせて、

すみれ、スズラン、バラ等の染の花が咲き誇ります。

真珠のアクセサリーと合わせてご高覧ください。

| | トラックバック (0)

3月は真珠の季節

2016

3月、春の訪れとともに卒業や入学などのあらたまった行事に

真珠が使われるためか、春のアクセサリーは真珠といわれています。

創の葉では今年も「真珠のアクセサリー展」が3月17日から始まります。

彫金、七宝、ビーズ、それぞれの技を生かした作品をお楽しみに。

| | トラックバック (0)

新着の服にもご注目ください

Img_0437

連日にぎわう創の葉の「ストールとビーズアクセサリー展」ですが、展示作品を引き立てている服に気づかれましたか?



創の葉でも展示会をされた小谷操さんの作品で、

着物地で作られた4着の服がギャラリー内に飾られています。

画像のワンピースは黒地に金と銀の織模様の入った絵羽織から作られていて

山本さんのビーズのコサージュや

明るい色のパシュミナストールとも良く調和しています。

絹のお洒落着としてクリスマス、年末、年始の一着にいかがでしょうか。

| | トラックバック (0)

明日から「ストールとビーズアクセサリー展」始まります。

Img_0429 山本智世さんのビーズアクセサリー


Img_0430 手織りウールと手描き染ストール


Img_0431 パシュミナストール


Img_0433 アルディヤント工房の創作バティックスカーフ


急に寒くなってきましたね。そんな季節にピッタリの「ストールとビーズアクセサリー展」が明日から始まります。

今年はストールの素材にもこだわり、手織りウール、手描き染の絹に加え

今治のコットンストール、ネパールのパシュミナも揃えました。

100年前の機械で糸に余分な力を掛けずゆっくりと織ることで、

柔らかな手触りを実現した今治織座のコットンストール。

木綿ですからお洗濯も簡単、一年中お楽しみ頂けます。

Img_0436

パシュミナはカシミヤ山羊の毛の織物です。

布地のカシミヤは山羊の原毛を圧縮したフエルト状の布で織物ではありません。

ですからカシミヤは厚みがありますが、パシュミナは細い毛の織物なので、

薄くて暖かいのです。

インドの山岳部やネパールで織られています。

Img_0435

冬のお洒落の定番、ストールとビーズアクセサリー

創の葉に探しにお越しくださいね。

| | トラックバック (0)

大盛況有難うございました。

ご縁があって準備の段階からお手伝いさせて頂いた「ふれあい広場」が盛況に終了し、ほっとしています。

私は2階出店ブース担当だったので、

1階の舞台の様子は見られなかったのですが、

焼津市民歌から始まる式典が粛々と進んでゆくのが分かりました。

10時からはお店の販売も始まり、若い親子連れが次々訪れて来ました。


私ごとながら、義母は88歳になり一人で外出ができず、

外出は病院に行くだけ、私か主人が付き添います。

ですから毎日一人で家にいます。

私が「ふれあい広場」の手伝いをした事でイベントに興味を持ってくれて

行ってみようかという気になってわずかな時間でしたが、会場に来ました。

来てみれば

知っている顔にも会えるし、いろいろ興味惹かれる物もあって

楽しかったようです。

おじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お母さん、お孫さん

いわゆる恒例の行事…という訳ではないのに

はじめに思い描いた老若男女全ての年代が集うイベントが盛況に行われ

その準備、運営、片づけまで

中高生を含むボランティアによって行われた事に

感動すらおぼえました。

高齢者は若い世代にお荷物に思われる事を嫌い

歩くのが遅くなった事や一人で出来なくなった事を見せたがりません。

若い世代の中に高齢者が自分一人だと

無理して疲れるので外出も嫌がるようになります。

今回、いろいろな年代の人達がごちゃ混ぜのなかで、

少しでも高齢者のこんな気持ちに気づいてくれたら良いなと思います。

| | トラックバック (0)

ネパールのファションアイテム

Img_0402_2

早いもので11月になり、「ふれあい広場」も明後日に迫りました。

今日は創の葉が代理出店するTHYMEさんをご紹介します。

東京浜田山にお店のあるTHYME(タイム)さんはご主人がネパールの方で、

奥さんは日本人です。

ですから本場ネパールの直輸入を扱っていて、

今月末のストールとビーズアクセサリー展にはパシュミナのストールを出展してくれます。


画像のフェルトバッグはちゃんと裏地もファスナーもついて¥2,800

2個限定ですからお早めにどうぞ。

Img_0403Img_0404_2


暖かいWOOL100%の手編みキャップは全て裏地付き、

右のキャップは裏が長編み、表は鎖編み、色を違えてあるので、

鎖編みの隙間から別の色が見えます。

裏返しに使っても面白いですね。


手編みベストやラクラクパンツも有りますので、ぜひ覗いてみてください。


| | トラックバック (0)

「和のあそび展」無事終了しました。

創の葉初の「和」をテーマにした展示は、初めてのお客様も多く、創の葉を知って頂く良い機会になりました。お越しの皆様、お買い上げの皆様、どうも有難うございました。

来月は今年最後のイベント、「ストールとビーズアクセサリー展」の開催です。

Photo

ウール、絹に加えて今年は綿のストールも四国今治から届きます。

山本智世さんのビーズアクセサリーとの相性も抜群

どうぞご期待ください。


| | トラックバック (0)

«帯とひと口に言っても