« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

時は奏でて

時は奏でて

 東京はあいにくの雨でしたが、お気に入りのアーティストの

20周年記念コンサートがあって調布のスタジアムまで行って来ました。

三年ぶりなのでもう期待でワクワク。

演奏してくれた曲がすごくて、好きな曲ばかりでした。

 2DAYSの初日は私がセットリストを作ったらこうなるだろうという様な、

まさかの曲オンパレード。懐かしくて涙ものでした。

二日めは大ヒット曲連発 身も心もクタクタになりました。

ずっと雨でしたが、かえって同じ試練を共有した仲間同士、

気持ちがひとつになった様な満足感に満たされました。

 Everything is for today

暫くはなにも手につきそうにありません。

| | トラックバック (0)

電柱に案内板付きました

電柱にカンバン付きました ホンダプリモの角を入る

電柱にカンバン付きました 一時停止の角を左に曲がる
電柱にカンバン付きました 

用水路に沿って二つ目の角を右に

電柱にカンバン付きました 突き当たり正面が創の葉です。

 道沿いの電柱に「創の葉」の案内板が付きました。

 電話でのお問い合わせが多かったのですが、この案内板に従って

来て頂ければ迷わずたどり着けると思います。

 営業時間 午前10:30~午後6:30

 基本的に月曜休みですが、展示会等で店主が不在の時は

1,2週間休みになりますので、HPか電話でご確認ください。

℡054-628-9527

HPは「創の葉」で検索して頂けます。

| | トラックバック (0)

庭の自然に教えられ。

庭の自然に教えられ。 創の葉の庭に咲く鉄線

庭の自然に教えられ。 あおさい窯 鉄線の器たち

 「創の葉」の庭の鉄線の花が大きな花びらを開いています。

あおさい窯の器も桜の柄はしまって鉄線などをメインに並べ替えました。

すっかり初夏の装いにかわって清々しい空気に包まれた「創の葉」です。

庭にあふれる自然に教えられました。

| | トラックバック (0)

佐々木麦さん京都の個展

佐々木麦さん京都の個展

 京都に佐々木麦さんの個展を見に行って来ました。

 京都はすごく久しぶりです。

 ギャラリーのある辺りはちょうど東京の裏原宿みたいにオシャレな若者の街になっていました。

 ギャラリーがあちこちにあって、京都=観光地というより、文化的な街という印象です。

麦さんの絵も街の雰囲気に合わせてか、小さめの物や軽やかな作品が並んでいました。

水彩画や人物画もあって麦さんの新たな一面も見せてくれました。

白日会会友となり次々と新境地を拓いているのですね。

場所がら若い方々もフラリと立ち寄って麦さんの作品を楽しんでいる様子でとても素敵な個展でした。

| | トラックバック (0)

あおさい窯カップ入荷です。

あおさい窯カップ入荷です マグカップ
あおさい窯カップ入荷です カップ&ソーサー

 好評で品切れしておりました「あおさい窯」玉澤美紀さんのカップが入荷しました。

大振りのマグカップ(4、200円~)は男女問わずお使い頂けますし、これからの季節ビヤマグとしてもタップリ入ります。

持ち手付きカップ(3、675円〜)はコーヒー、紅茶以外にもスープカップに使えそうな大振りの物もありますし、揃いの柄の皿(別売り1、680円〜)もあります。

カップは毎日使う物ですから、玉澤さんのアートな絵柄を楽しみながら心豊かな日々をお過ごしください。

| | トラックバック (0)

お家関係のお祝いに。

お家関係のお祝いに。陶板画
お家関係のお祝いに。常夜灯

 新聞で紹介されて以来、プレゼントを探しに来られるお客様が増えました。

 「創の葉」には1、050円から色々な手作り作品がありますので、ご予算に合わせてお選び頂けます。

 他ではご覧になれない個性的な贈り物としては、この三上洋さんの「灯りの家」シリーズでしょうか。

下の写真の作品はその中でも常夜灯になるシリーズで7、350円からあります。
コンセントに差し込んで使える実用的なアート作品です。

 もう一枚の写真はやはり三上さんの陶板画(18,900円)で、額縁も手作りの陶器で出来ています。

新築祝いやご結婚のお祝いなどにいかがでしょう。

| | トラックバック (0)

オシャレな隠れ家カフェ

 静岡新聞に紹介されたおかげで、お客様以外にも地元の作家さん達が訪ねて来てくれました。
何かを作る者同士話もはずんで、楽しく情報交換をすることができました。

 「創の葉」があるのは焼津市といっても外れの方で、西焼津の駅の南です。
この辺りは、この20年の間にすっかり住宅地になって、ところどころに隠れ家的なオシャレなお店があります。
今まで表通りの店しか知らなかったのですが、若い作家さん達に教わって「カンパーニュ」というカフェレストランに行ってみました。

 住宅地の中、突然軽井沢の別荘のような煉瓦造りのオシャレな店が現れます。

 店内はゆったりとした大きな空間に大きなテーブルがいくつもあって、ワンちゃんもOKです。卵タップリのシットリしたロールケーキ、美味しく頂きました。カスタードクリームが巻いてある所も気に入りました。

 生クリームが苦手な私はロールケーキがあまり好きじゃなかったのですが、このカスタードロールなら丸ごと一本でも行けそうです。
ママさんが栄養士だそうです。今度はランチにお邪魔したいと思いました。

| | トラックバック (0)

まとめ髪に簪はいかが?

110515_095356

 以前から展示会などでも協力頂いている金魚工房さんとコナヤさんのカンザシです。

真鍮ベースなので、お値段もお手ごろで2000円台~。

若い作家さん達ですが、カンザシに関しては長いキャリアを持っていて、

店主達はいつも勉強させてもらってます。

着物、浴衣に限らず洋服の時でも髪をまとめるのに使えるし、

ザックリセーターにブローチの様に挿したり

ニットストールを留めるのにもいい感じです。

まずは浴衣にためしてみませんか。

| | トラックバック (0)

クリスタルレジンアクセサリー

110518_130450

 shineあたらしい作家さん、「ふたつのアーク」の紹介です。shine

天然石や真珠を使ったブレスレットや

クリスタルレジンのかわいらしくて上品なアクセサリーたち。

年齢に関係なく支持されています。

お値段もお手ごろで、リングは1680円、ペンダントは1890円ぐらいからあります。

「創の葉」で是非チェックしてみてください。notes

「ふたつのアーク」http://two-of-ark.seesaa.net/

| | トラックバック (0)

蜜蠟の引き目技法

Dsc00616_2 引き目技法の彫金ジュエリー

  蜜蠟の引き目技法

ring彫金の技法のひとつで、蜜蠟で形を作り石膏で型どりして

その中に銀や金を流しこんで金属に置き換えます。

蜜蠟(beewax)はミツバチの巣で、ミツバチの分泌する蝋成分で出来ていますが、

融点が低く手の温かさで柔らかくなってしまいます。

口紅や靴クリームなどに使われているので、いかに柔らかいか想像がつくでしょう。

ring柔らかい蝋を引っ張って筋目をつけ文様にして

それを生かしてジュエリーを作るのですが、

気温に影響を受けやすく暑いとフニャフニャになるし、

寒いと折れやすくなるし、なかなか思う様になりません。

それでもこの技法が面白いのは、金属とは思えないような

流れるような柔らかいフォルムを指先で形づくる事が出来るところでしょうか。

大人の女性に似合う 高級感のある彫金ジュエリーにぴったりの技法ですね。

ring筋目を際立たせる為に「いぶし仕上げ」でわざと黒く仕上げます。

ですからお手入れも要りませんし

普段使いからちょっとあらたまった席まで、使える範囲の広いのも彫金の魅力ですね。

| | トラックバック (0)

武将コケコさん再び

110513_143355_2 この中に豊臣さんが…

 先月随分売れてしまって、寂しくなっていましたが

Lemon Lime Fish の新たなコケコさん達がやって来ました。

この整列したコケコさん達も前回のシリーズと同じく戦国武将シリーズです。

中には、なんと豊臣姓まであります。

「街ブラ」の記事の中では文字数の関係で、

ただ 「鍋つかみ1575円」 としか書かれていませんが

正式には「鍋蓋つかみ つかめ☆コケコさん」です。

Lemon Lime Fish http://lemonlimefish.fc2web.com/

| | トラックバック (0)

新聞デビューです。

110512_232031_2

 今日の静岡新聞夕刊「街ブラいっぴん」「創の葉」の記事が載りました。

蜜蠟の引き目技法で作った銀の指輪など店主達のジュエリーの他、

クラフト作家さん達の作品も紹介されています。

早くも電話で問い合わせを頂いたり、知人からはメールが来たり、

新聞は たくさんの人が読んでいるのだな、と今更ながら感心しています。

一応新聞に載った写真の作品の値段を書いておきます。

どれも一品手作りですので「創の葉」で手にとってご覧くださいね。

左上 メノウ・ジャスパー組ネックレス  \18,900(約43㎝)

中上 シルバーチョーカー  \33,600(チョーカー約43㎝、トップ約5㎝)

右上 シルバーネックレス   \126,000(13㍉タヒチ黒真珠 約46㎝)

中左 ガーネットシルバーリング \36,750(#13)

中央 シルバーリング  \21,000(#15)

左下 トルコ石、南洋バロック真珠SVブローチ兼ペンダント \71,400(D3㎝×W5㎝)

右下 アンモナイトSVブローチ兼ペンダント \52,500(D5,2㎝×W7㎝)

| | トラックバック (0)

静岡新聞に取材されました!

 shine我が「創の葉」が静岡新聞の取材を受けました。

「街ブラ いっぴん」という、その街の「いっぴん」を紹介するコーナーです。

「創の葉」の作品はどれも一品手作りの、世界でただ一つのものばかりですので、

縁あって焼津の、このギャラリーに集った作品を紹介して頂けるのは

嬉しいかぎりです。

今週の新聞夕刊に載るみたいです。 (v^ー゜)ヤッタネ!!

    flair木曜日の夕刊だそうです。

| | トラックバック (0)

つわぶき

「創の葉」の庭には、つわぶきがあります。

東京で生まれ育った店主は、つわぶきは観賞用の「ふき」だとばかり思っていました。

これが食べられると知ったのは、ここ2.3年の事です。

食べてみるとこれが、野菜のふきより柔らかくて美味しくてビックリでした。

普通野菜として売っている方が品種改良され、柔らかくて食べやすいはずなのに。

昨年これを煮物以外にも砂糖漬けのアンゼリカにして、

クッキーに乗せたり、ケーキに入れて好評でした。

今年はきゃらぶきを作りましたが、茎の細い所は皮もむかず煮たのに柔らかくなっていました。

つわぶき」が、こんなに美味しいなら、庭に植わっている他の植木や草も食べられる物は無いだろうか、と庭を見る目も違ってきた今日この頃です。bud

| | トラックバック (0)

オリジナル手作りバッグ

オリジナル手作りバッグ手作りバッグ6090円~10290

bag 手作りバッグKANNA 山崎敏子さんの新作が到着いたしました!

sun夏に向けて、麻、デニム、コットンが、お得意のと組み合わされています。

今回初登場の革の文庫本カバー(3990円)や、B6サイズの手帳カバー(4410円)もあります。

かわいいミニトートバッグ(1575円)やバッグ型チャーム(1050円)は手持ちのバッグに付けてオリジナルバッグにするのに欠かせないアイテムですね。

一点手作りですから、本当のオリジナルになりますよ。

| | トラックバック (0)

ミカンの花が…!

110502_095805_2

2月・3月に剪定したミカンの木に花が咲き始めました。
ちょっと心配してたので、ホッとしました。

花が咲けば実になるんですよね!?

| | トラックバック (0)

京都にて佐々木麦展です。

三月から四月は たくさんの事がありましたね。

いよいよ 五月

春も終わり、そろそろ夏の気配が感じられる今日この頃です。sun

洋画家の佐々木麦さんから個展のお知らせが届きました。

今年は白日会会友に推挙され、充実した活躍をされている佐々木麦さんです。

京都なので、遠いのですが、是非行ってみたい個展です。

佐々木麦展

2011年5月17日(火)~5月29日(日) ※月曜休廊

12時~19時 ※最終日18時まで

〒604-0995

京都府京都市中京区寺町通丸太町東南角下御霊前町633 青山ビル1F

TEL:075-585-4160   E-mail:Info@gallery-tomo.com

http://www.gallery-tomo.com/

| | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »