« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

佐々木麦 油絵展

佐々木麦 油絵展プロヴァンスの農家 10号M

第6回 「佐々木麦 油絵展」が、千葉県船橋市の東武百貨店で開催されています。

南仏プロバンス地方の風景を中心に、地元琵琶湖周辺の風景も織り交ぜて30点余りを展示してあります。

会期中は 佐々木 麦さんご自身が会場にいらっしゃいますので、直接お話を聞けるチャンスです。

どうぞこの機会に五階美術画廊にお立ち寄り下さい。






佐々木 麦 油絵展

9月 29日〜 10月 5日

船橋 東武    5階 5番地 美術画廊

船橋市本町 7-1-1

(047) 425-2211

| | トラックバック (0)

三上さん「灯の家」陶器展

三上さん「灯の家」陶器展

三上 洋さんの「灯りの家」陶器展 が軽井沢で開かれています。

お馴染みの「灯りの家」のほか、新作の箱舟陶人形も有るそうです。

これは必見ですね。


三上 洋「灯りの家」陶器展


2011年9月30日〜10月18日   ギャラリー アート泉の里

長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1323-587

Tel 080 1307 5584

| | トラックバック (0)

有難うございました。「西焼津クラフト作家展」

9月15日から始まった「西焼津クラフト作家展」は無事終了致しました。

期間中多くの方にお越しいただき作家の創作作品のすばらしさを知って頂けたと思います。

アートクラフトギャラリー「創の葉」では今後も良質なクラフト作品をご紹介してゆきたいと思っています。

どうぞご期待ください。

038_2

なお末筆ながら、この企画展にご協力頂いた、作家さん達、お店の方々等多くの皆様、有難うございました。心より御礼もうしあげます。

二回、三回と続けて行けたらいいなと思っています。

その時にはまたご協力お願いいたします!m(_ _)m

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

| | トラックバック (0)

最終日、お忘れなく!

いよいよ最終日になりました「西焼津クラフト作家展」です。

期間中台風に直撃されたり天候に恵まれたとは言えなかったのですが、

それによってお客様がいらっしゃらないという訳ではなく

台風の日は賑わったくらいでした。

有難うございました。


本日は午後6時までです。

まだお越しでない方はどうぞお忘れなく。




それでは開店いたしましょう。

| | トラックバック (0)

天候にめぐまれて

「西焼津クラフト作家展」二日目はsun天候に恵まれ、朝からお客さまで賑わいました。




お昼になってもお客様が途切れず、一日中ギャラリーの中は人でいっぱいでした。

本当に有難い事ですね。heart02

Image0641

作家の創作作品を見て、美味しい自家焙煎 コーヒーを楽しんで

思い思いに「創の葉」で時間を過ごして頂けたでしょうか。

| | トラックバック (0)

大変な雨でしたね。

21日はtyphoon台風で東京の街路樹が倒れたそうですけど、焼津も横殴りの雨でした。

西焼津クラフト作家展」 後期の初日、

静岡県の電車も止まったようですし、大変な一日でした。

この大雨の中お越し頂いた多くのお客様、有難うございました。

二日目は台風一過、良いお天気みたいです。

お誘いあわせの上どうぞお越しください。

| | トラックバック (0)

エスニックシルバーアクセサリー

110920_171822 110920_175449

後期には三人のシルバーアクセサリー作家さんがいますが、

三人三様まるっきり違った作風です。

blue gemさんは画像を見ていただければ分かる様に

エスニック風の作品が多いです。

銀粘土の作品ですが、DMに使った写真のように金粘土も合わせたり

いぶし仕上げを施したり、金属の色を存分に使いこなして作品造りをしています。

銀のトップを革や天然素材と組み合わせたり、画像のリングの様に

骨太で印象的な作品が多く、男の方でも使ってもらえるような

中性的な魅力のシルバーアクセサリーです。

| | トラックバック (0)

薔薇のシルバーアクセサリー

薔薇シルバーアクセサリー
薔薇シルバーアクセサリー

T-kiraさんはその名の示す通りキラキラと華やかで明るい作品です。

薔薇モチーフが多く、銀粘土で作った薔薇と

キラキラ輝くクリスタルガラスや天然石が組み合わせられています。

展示も明るいピンクの色調をベースに、そこに

輝くネックレス、ペンダント、リング等が並べられています。

優しく女性らしいアクセサリーをお探しでしたら是非T-kiraさんの作品を見に来てくださいね。

| | トラックバック (0)

可愛い動物シルバーアクセサリー

110920_175319110920_175202

Gon’s CRAFTさんは動物のシルバーアクセサリーを得意としていらっしゃいます。


店主はシルバージュエリーを蜜蠟の引き目技法で作りますが、

Gon’s CRAFTさんは銀粘土で制作しています。

銀粘土で、犬、猫、鳥、などその種別ごとに正確に立体的に出来ています。

画像で分かるように、細かい部分まで作りこまれて可愛いですね。

犬も犬種ごとにきちんと作り分けられデッサン力を感じさせられます。

シルバーアクセサリーの他に樹脂のストラップやポーセリンアート、アンティークガラス絵ペンダントもお得意の犬や猫でいっぱいです。

犬猫好きの方必見ですよ。

| | トラックバック (0)

一閑張り

110920_171302 110920_171215

明日から「西焼津クラフト作家展」 の後期が始まります。

出展作家さんをご紹介いたしますね。


一閑張りをご存知でしょうか。

籠に和紙を張って柿渋で仕上げますが、柿渋を塗ることでとても丈夫になります。

昔、古くなった籠をこの方法で「一貫の重いものを入れても壊れない」ほど丈夫に再生したと伝えられています。

この方法を民衆に教えたのが一閑和尚でこの名がついたという説もあります。

いずれにせよ究極のエコですね。



この一閑張りで作品を作っているのが萩原照代さんです。

小物入れ、携帯ケース、ハンドバッグ、ショルダーバッグ等色々アイテムがあり、

柿渋を塗ってあって水に強いので、

携帯ケースを花入れに使ったり、大籠を植木鉢カバーにしたり

またハンドバッグをマガジンラックにするのも洒落ていますね。

アイデア次第で使い道は幾通りにも変化します。

どうぞお試しくださいね。

| | トラックバック (0)

前期無事終了です。

[西焼津クラフト作家展]の前期は無事終了いたしました。

ご来場頂いた皆様有難うございました。

出展作家さんもお疲れさまでした。

21日からは引き続き「西焼津クラフト作家展が始まります。

こちらも是非ご期待ください。

詳細は後ほど。

| | トラックバック (0)

前期は明日pm6時までです。

9月15日から始まった「西焼津クラフト作家展」の前期は明日19日の午後6時までです。

いしざきかえさん、山本智世さん、EM-worksさんの展示が明日までですので、

まだご覧頂いてない様でしたら、お忘れなくお越しくださいね。


9月20日は一日お休みをいただいて後期の作品に展示替えします。



後期

一閑張りの萩原照代さん

シルバーアクセサリーのGon's CRAFTさん、T-kiraさん、blue gemさん。

吹きガラスの米澤正彰さんも引き続き後期にご参加いただきます。

前期をご覧に」なった方も後期はまた違った作品がズラリと並びますので

どうぞお楽しみになさってください。

| | トラックバック (0)

クラフト作家展三日目です。

typhoon台風の影響か激しい雨が突然降ったり、またその雨が上がらないうちから

強いsun陽がさしたりと不安定な天気で始まった三日目の「西焼津クラフト作家展」でした。

これでは来る予定でもいやになってしまうと思っていましたが、始まってみればそんなrain雨の中でも次々とお客さまにお越しいただきました。

もともとの「創の葉」のお客さまは勿論、作家さんの繋がりの方やお店に置いていただいたDMを見た方、新聞で見た方、案内板で偶然訪れた方、いろいろな出会いが今日もありました。

こうしてお店というものは成長してゆくのだなぁと嬉しくなりました。

明日も良い出会いがありますように…。★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

| | トラックバック (0)

てづくりコサージュROSA MALA

110917_080401 110917_082246

今回 「西焼津クラフト作家展」に合わせて 

てづくりコサージュのROSA MALAさんの作品も展示しています。

東京国立の工房で コサージュ、ブーケ、バッグ等を手作りされています。



素材にこだわり、オーガンジー、ウール、古布、革、とさまざまで、

エレガントなものやポップなものシンプルなもの、色の組み合わせも多彩です。

コサージュはブローチと髪留め兼用できますので、オリジナルのバッグに留めつけることができます。

麻やオーガンジー素材のバッグはトートタイプで、小ぶりですので、コサージュを付けてパーティーバッグにしたり、バッグインバッグにもお勧めです。

このごろ話題の軽くて丈夫でカラフルなたたみのヘリを使ったバッグもあります。

こちらは大振りですので、旅行などに便利かも知れません。


この機会に是非ご覧ください。

| | トラックバック (0)

大盛況!西焼津クラフト作家展

B___fdeb301

いよいよ始まった「西焼津クラフト作家展」、朝からたくさんのお客さまにお越しいただきました。

後期の出展作家さん達も顔を見せてくれて賑やかな一日でした。




クラフト作品好きな方は、手作り作品は同じものは二つと無いことを皆様よくご存知でいらっしゃいますね。

すでに売り切れになった作品もありますので、ご来場を検討中でしたら早めのお越しをお勧めいたします。


この展示会に合わせて常設の作品も追加されています。お探しの作品が見当たらない時はスタッフにお尋ねください。

明日からもどうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m

| | トラックバック (0)

西焼津クラフト作家展はじまりました。

110915_093916 110915_094004_2 110915_094020 110915_094141

いよいよ今日から「西焼津クラフト作家展」が始まります。

前期四人の作家さんの作品も出揃い、常設の展示とはまた違った趣を見せています。




どうぞ「創の葉」で、クラフト作品の数々をお楽しみください。

| | トラックバック (0)

いよいよ明日に迫りました。

今日は午後から出展作家さん達が、明日からの「西焼津クラフト作家展」の為に集って作品の展示作業をしてくださいました。

前期は、吹きガラスの米澤正彰さん、クレイアートのいしざきかえさん、ビーズアクセサリーの山本智世さん、レザークラフトのEM-worksの皆さんです。

作家さん達は、短い準備期間にたくさんの力作を用意してくださいました。

どうも有難うございます。

作家展に先駆けて米澤さん、いしざきさん、山本さんは作品を「創の葉」に置いてくださっていましたがEM-worksさんは、初のお目見えです。

EM-worksさんの作品は革の財布、時計のベルト、ストラップ、バッグ、等があります。

革を切り抜いて、下の色や素材の違う革を模様に見せる「モラ」と同じような手法を用いて作っていらっしゃいます。

レザークラフトの場合は何と呼ぶのでしょうか。

それを端ステッチでおさえてありますが、そのステッチが正確なのでミシンを使っているものだと思っていましたが、聞いてびっくり手縫いだそうです。

またコバの仕上げが綺麗でツルツルです。いい仕事って感じです。

実際に見るとホント驚きますよ。

是非明日からの「西焼津クラフト作家展」で確かめて下さいね。

| | トラックバック (0)

クラフト作家展に向けて

9月15日からの「西焼津クラフト作家展」に備えて、
今日からギャラリー内を配置替えです。

初めての事ですので、少し多めに時間をとりオープン前日までお休みにしました。

ハガキをご覧になり、早くもお越しになる方もいらっしゃって、注目度は高いのではないでしょうか。

気合いを入れて臨みたいと思います。

どうぞ御期待ください。

| | トラックバック (0)

想いはあふれる

想いはあふれる

5月の調布に続いて、さいたまに行って来ました。

さいたまtwodaysの二日めです。


20th のTOURという事で懐かしい曲から新曲まで盛り沢山な内容でした。

FareWellで始まってCaress of Venusに続きGOOD LUCK MY WAY,ここでmcかとおっもったらthe Fourth Avenue Cafeがきました。

the Fourth Avenue Cafeは15thのオープニングを飾った曲ですが、あの日の感激は今も忘れられません。
ずっと封印されていた曲でしたが、あの日に何年かぶりに皆のリクエストによって解き放たれたのでしたね。

アルバムのTOURではないので選曲は自由自在、昔の曲を生で聴きたいという私の気持ちを知っている様に次々時空を超えて演奏されました。

fateは暗〜い曲ですが大好きです。単調なリズムから壮大な盛り上がりに成る所はボレロを連想します。

winter fallの天に突き抜けるような透明感も素敵です。


彼等の曲はどれも良く作り込まれていて、四人の才能が化学反応のように、ひとつに結集されていきます。

今度の新曲はこれまでの20年のどの曲とも違っていて、新しい局面を見せてくれました。

関係者席に毎回イロイロなアーティストが来るのも、尊敬されている明かしでしょうね。

今回は、あのJKS様がいたようですね。ちょうど正面の関係者席に白と緑のキャップを被った細身の人が居ましたが…。

帰ってきたばかりなのに、また聞きに行きたいです。

| | トラックバック (0)

ガラスフラワーチョーカー

ガラスアクセサリー

ガラスアクセサリーのOtonari工房から新しいフラワーペンダントのシリーズが届きました。

画像で比べてみるとお分かりでしょう。
少し小振りのフラワーペンダントです。

ひもも短めにチョーカーとして楽しんでみて下さい。
お値段は \8、400 です。

これまで通りのフラワーペンダント(\9,450)、スターダストペンダント(\8,400)、ハートペンダント(\5,250)やストラップ(\1,260~)も充実しています。

プレゼントにも好評のOtonari工房の作品、是非ご覧ください。

| | トラックバック (0)

革のバッグチャーム

革のバッグチャーム

KANNA 山崎敏子さんのバッグチャームです。

革製で10×6センチぐらいの存在感ある作りです。

大きめのバッグにも、しっかりと主張してくれそうですね。

犬、猫、熊、ウサギがあり、どれも可愛いですよ。

写真上段の少し大きめの物が \2、625   中段、下段は \2、310です。

ひと足さきにバッグを秋の装いにしてみませんか?

| | トラックバック (0)

東京スカイツリー駅

110831_115126

業平橋の上から見たスカイツリーです。

タワーの下のビルも急ピッチで建設中です。

左下に見える業平橋の駅舎も外見はほとんど出来ているように見えました。

駅名が「東京スカイツリー」と名前が変わるそうですから、

近代的な雰囲気になるのでしょうね。

地元民としては、業平橋という由緒のある名前も捨てがたいですが。

業平橋、言問橋、どれも在原業平に由来する名称です。

名にし負わば いざこと問はむ 都鳥 わが思う人は ありやなしやと

の歌をこの辺りで詠んだといわれています。

はたして平安時代に都の貴族が東国にまで来たかどうかは分かりませんが。

| | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »