« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

「佐々木麦絵画展」 創の葉にて

Img_0002

5月10日から「佐々木 麦 絵画展」が始まります。

「創の葉」としても初めての本格的な絵画展なので、

壁面をどうやって使おうか思案中です。




昨年4月からオープンした創の葉ですが

一年経って違った一面をご覧頂けると思います。




5/10~5/12は、佐々木 麦さんご本人がいらっしゃいますので、

そのお人柄にふれる事のできる良い機会です。

どうぞお越しくださいね。


佐々木 麦 絵画展

2012年 5/10~5/20 (会期中無休)

| | トラックバック (0)

facebookデビュー

4月は銀座松屋、横浜高島屋と続いて

しかも横浜は向島から遠くてかなり疲れました。

もうデパートから帰ってご飯食べて寝る、起きてデパートへ、

デパートから帰ってご飯食べて寝る、起きてデパートへ…(;;;´Д`)

それ以外何もできない感じでした。

焼津に戻って来た日に

「すろーらいふ」の関係者のmegさんが広告とfacebookを勧めてくれました。

6月号の「すろーらいふ」に「創の葉」が載ります!(v^ー゜)

megさんは昨年の西焼津クラフト作家展のきっかけを作ってくれた方で、

また何か新しいきっかけをもたらしてくれる為に来てくれたような気がしました。

facebook、今から始めれば今年中に何とかなるでしょうか。

という訳でfacebookでも「ギャラリー創の葉」を検索してみてくださいね。

| | トラックバック (0)

粋と雅

粋と雅
粋と雅
昨日から横浜高島屋の展示会です。

行き帰りの押上駅には
スカイツリー。

今日の帰りには「粋の青」、
「雅の紫」と二色に光って開業の準備でしょうか。

向島の事務所から押上駅までの桜橋通りは敷石が敷かれ、
道筋には潅木が植えられ、
街灯も新しいものに代わり、
すっかり準備は整った感じです。

あと一月後が楽しみですね。

| | トラックバック (0)

新東名を通って

新東名を通って
新東名を通って
ゆうべ東京に向かうのに新東名を通りました。

山側に作ったとは聞いていましたが、
藤枝岡部から新富士まではトンネルばかり。
トンネルから出ても真っ暗で
何処を通ったのか全然わかりませんでした。


ですから
駿河湾沼津SAに着いた時は
ちょっと感動してしまいます。

イタリア風というのでしょうか。
テーマパークのような建物と広場があって開放的な感じですね。

日中なら富士山と駿河湾が望め、
絶景スポットです。

ここに来る事自体が
お出かけの目的になっていくのかもしれません。

| | トラックバック (0)

今年の桜も終わりです

120411_140614 台東区から見たスカイツリー

120411_140717 桜の花びらがまるで雪のよう

桜の花を見に墨田公園に行ってみました。

満開の桜が朝からの雨と風で雪の様に舞っていました。



桜の木の向こうにはスカイツリーも見えました。





そういえば9日の月曜日にツリーが光っていました。

もうすぐ開業なので試験をしていたのでしょうか。

120409_203618

浅草松屋の中では「すみだ水族館」の年間パスポートの案内をしていましたが

あのツリーの下に水族館が出来るそうです。

ロマンティックですね。

しばらくは大混雑で大変でしょうけど、ぜひ行ってみたいですね。

| | トラックバック (0)

銀座、有難うございました

銀座松屋での展示会は終わりました。

お越し頂いた皆様有難うございました。

4月18日からは横浜高島屋7階での展示会が始まります。

こちらも是非よろしくお願いいたします。

| | トラックバック (0)

全ての始まりの街

全ての始まりの街

銀座はいつ来ても心が躍ります。

十代の頃、日比谷で映画を見て
それから銀座通りをブラブラとしていましたが、

何かしら新しい事が有りそうなワクワクの詰まった街ですね。

情報の発信地、

全ての始まりの街という感じです。

そういえばマクドナルド日本一号店は銀座三越に出来ました。

ユニクロやフォーエヴァー21などファストファッションが銀座に進出して

「何故?」と思いましたが、

すべてが詰まった偉大なる混沌(カオス)なのですね。

| | トラックバック (0)

まっすぐに歩けないほどの人の波

まっすぐに歩けないほどの人の波

桜がやっと咲いた東京です。

銀座松屋での展示会は半年ぶり。
観光客と思われる外国人も多く見られ、銀座通りはすっかり活気を取り戻しました。

平日の昼間でも
まっすぐに歩けないほどの人の波です。

| | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »